げん玉

アクセスカウンタ

zoom RSS 儲ける

<<   作成日時 : 2007/03/30 02:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

検索順位も少しづつ上がってきたのでそろそろ本命のページタイトル使っていきます。
でこのページタイトルの「儲ける」と言うワードなのですが、オーヴァチュアのキーワードアドヴァイスツールで「げん玉」で検索した結果(3月29日)には含まれず、ブログタイトルについてで書いてあることとなんか違う理由はこれ↓
げん玉 - Google 検索結果 ページ下部
↑グーグルで「げん玉」と検索した結果ページの下部に「関連検索:」とありその中に「げん玉 儲ける」とあったからです。

この「関連検索:」が何を意味するものかは分らないのですが、「検索に利用したキーワードと組み合わせて頻繁に利用されているであろうワードの一覧」らしく、グーグルからユーザーへの提案であると思われる。

ここでとりあげられているワードの中にはキーワードアドヴァイスツールの月間検索数に含まれないワードもあることが興味深いが、グーグルがユーザーに提案するものはページ製作者側もとりいれてみる価値があるに違いない。

ということで今日は儲けるがテーマになってしまったが、「儲けるって月いくらよ?」ってのは人によって答えは違うと思いますがここでは月500万以上って勝手に決めます(ほんとにこの感覚は人によって差がありすぎ)。

げん玉で儲けることはできるのか?

げん玉に既に登録&実践してる人なら分るだろうがそれは無理である。
げん玉のトップページに「ランキング詳細」とあり、そこで「月間ポイント獲得ランキング」が見れるが1位のユーザーが獲得したポイント数は約37万ポイントであり、1位になるとポイントが2倍になるボーナスがあるのでこのユーザーの月間での獲得金額は約7.4万円である。

「友達紹介」で獲得したポイントはこれには含まれないが、「友達紹介」でのポイントを含めてもせいぜい稼げて100万円くらいだと思うだが、実際のところどれくらいなのかげん玉さんに聞いてみたいですねw

借金がウン千万あってそれを返済するためにお金を稼がなくてはならないという人にはげん玉はお勧めできません(当たり前ですが)。
お金儲けをするなら「情報商材の販売」でもするといいでしょう。

情報商材の販売は儲かる

僕の仕事はお小遣い稼ぎ以外に副業でウェブ制作の請け負いとかもやってるのですが、「ギャンブル系」「出会い系」「情報商材」に関連する友人や取引先も多いのですが、彼らは儲けています。

「情報販売」をちょっと前に始めた結構親しい友人がいるのですが、彼は短期間で小資金で結構な額を稼ぐもんなので僕はびっくりですよ(そいつは結構頭がいいのでそれだけ稼げたのは特別なのかもしれないが)。

情報販売がなぜそんなに楽に儲かるのかは説明するまでもないかと思いますが、みなさんも情報を販売しているページを見たことあると思うんですが「間違ってもこんなの買わねぇーよw」って思われたと思いますが、世の中それを買ってしまうお人好しみたいなのもいるから情報販売する人が儲かるんですよね。

びっくりしたのがその友人の話によると購入者は20代後半から30代の女性が多いと言うこと(ちなみにインフォカートやインフォトップで広告主は購入者の個人情報すなわち住所/氏名/性別/年齢/メールアドレスが閲覧できますwそれ普通なのか?wけどスゴイなwお人好しリストwww)。
なぜその年代の女性がそんなにお金を欲しがってるのか(もしくはお金が余ってるのか?)がよく分らん。

情報販売=詐欺?

厳密に詐欺ではないのだろうけど志を持ってこれをやってる人は皆無だろうね。
ビジネス系の雑誌や社長ブログとかに「野望ではなく志を持て」とか「ビジネスにおいて一番大切なのは信頼関係だ」みたいなこと書いてあったりしてまぁこれは正しいことなんだろうけど、僕が驚いたのは「詐欺紛いの事業が増えてきている。日本の教育がダメになってきているからである」みたいなことを言っている社長どもがいると言うことだ。

事業形態ってのは需要があってこそ生まれるってことを知らないはずがないと思うが社長ほど偉くなってしまうと怒りのあまりにナンセンスなことを言ってしまうものなんだね。
まぁ社長ブログなんてその会社のイメージアップのための物で本質的なことを書いてもしょーがないってところもあるだろうけどw

良い子はげん玉^^

今日も充実したげん玉のブログだったよ><

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
儲ける げん玉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる